わくわく元気カフェへようこそ!

こんにちは、大石ゆうです。

お元気ですか、おしあわせですか。 

 

写真は京都の霊光殿天満宮で撮影していきました。こちらの神社は観光本にはほとんど紹介されていません。私はなぜかご縁があり、参拝することができたのです。

 

寛仁2年(1018年)、菅原道真の6代後の菅原義郷が勅命により河内国若江郡に神殿を建てたのが始まりです。社名は道真が左遷の際、天から一条の光とともに天一神・帝釈天が降臨したとの伝説によるものです。

 

蒙古襲来の時には後宇多天皇が当社にて夷賊退治の祈祷を行わせたところ元の船がことごとく沈んでしまったので『天下無敵必勝利運』の額を天皇より賜りました。お守りにもこの文字が刺繍されています。

 

応仁の乱の際に社領を失い、東寺境内に遷された。江戸時代に社家の若江家が再興され、塔之段に社殿を再建、宝暦11年(1761年)に現在地に鎮座しました。徳川家康は当社を深く崇敬し、元亀元年(1570年)に天下太平の祈願をし、また、若江家の再興に尽力しました。

 

家康の死後の寛永13年(1636年)、徳川家光が仙洞御所にあった家康の像を当社に移し、祭神としたのです。現在の社殿は、明治5年に近衛家の旧鎮守社を移築したものです。

 

この神社は三重県出身の方が管理されています。随分若い頃に地域の方たちに選ばれたのだそうですよ。

 

「建物が立派な神社は多いけれど、神様のお力はここが一番だ」とお話されていました。確かに日本の平和のための祈願には威力がありましたから真実かもしれませんね。

 

大石ゆうのプロフィール

 

大石ゆうを知る人たちの声

 

個人セッションをご希望の方はこちら